釣りのビギナーのマナー - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

釣りのビギナーのマナー

釣りはそれなりのお年寄りになっても楽しめます。
趣味としては、一生楽しめると思っていいでしょう。
ビギナーに釣りを教える時には、まずマナーのことを教えてください。
一人だけで釣っているわけではないのですから、周りの人に対する配慮、ナチュラルに対する配慮が欠かせないことなのです。
とりわけ後片付けはキーポイントです。
ナチュラルの中にごみを放置していくなど、釣り人として失格ですよ。
ビギナーだから知らないこともあるのではないでしょうか。
注意されたら、謙虚に受け止めましょう。
自らの体力に合わせて、獲物をチョイスの仕方、エリアをチョイスすることがキーポイントなのです。
無茶をして現地で体のコンディションを壊したりしないようにしてください。
女の人でも持てる軽い竿も販売されているのです。
自らに合わせた道具チョイスの仕方もキーポイントなのですね。
マナーを一部の披露しましょう。
まずは挨拶です。
これは釣りでなくてもスタンダード的なことですね。
知らない人でも同じ釣り仲間と考えるべきです。
共通の話のタネがあるのでしょうから、隣に座れば連帯感が生まれるものです。
釣り場は共有財産です。
飲み食いをして、散らかしたまま帰ることは自らの恥をさらしていると思ってください。
そのうえ人が釣っているところの前にウキを流したり、おもりを投げ込むこともマナー違反です。
何本も竿を並べて、一人だけでエリアを占領するのは止めましょう。
譲り合いの精神が大事なのです。
おもりを振り回す時には周りに人がいないことを確認しておきましょう。
とりわけビギナーのときは、うまく操作できないことが多数でしょう。
人がいないところで練習しておくといいですね。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます