釣りの話のタネ - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

釣りの話のタネ

ビギナーでなくても釣りの話のタネはいっぱいあるのです。
いつどこに行って何を釣ったかと言うことだけで釣り人の話は続くのです。
釣りたいものが素直に釣れるときはそれほど多くないのです。
思わぬものを釣ってしまうことが多数のです。
予想以上のものであれば喜びますが、外道があらかたでしょう。
ビギナーなら、そういったことはかかわりなく、釣れるだけでハッピーになります。
バケツ一杯の魚をどうするのでしょうか。
WEBのブログを見ていると、いろんな釣り人がいます。
毎週のように釣りに出かけている人も少なくないですね。
漁場が近くならば、気軽に出かけられるでしょうが、街中に住んでいるとそうもいきません。
釣りのために用意周到にしなければならないのです。
朝の暗いうちから釣り場に出かけることもあるのではないでしょうか。
釣りには時間帯もキーポイントだからです。
ビギナーのうちはベテランに誘ってもらうことがいいですね。
自らだけでは、釣りの要領さえわからないからです。
天候もキーポイントです。
雨は嫌とは言ってもかんかん照りも厳格なものがあるのです
ナチュラル相手というわけで、それなりはあきらめなければならないのです。
会社の釣り仲間で出かけることが多ければ、昼休みなどは釣りの話のタネですね。
話しているうちに、「週末は釣りに行こう」となるのです。
ハッピーに釣りの話をしている分は誰にも迷惑をかけていません。
ところがファミリーをほったらかして週末に釣りばかりに出かけると、ムードが悪くなります。
時にはファミリーあわせて釣りに出かけましょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます