釣りとキャリア - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

釣りとキャリア

釣りのビギナーでも誰にでも釣れる魚はいます。
ところがキャリア者とビギナーでは差が出るのが常識だと考えておきましょう。
魚は目の前にあるエサに飛びつくのとは言っても本物かどうかを一瞬で見分けます。
むろん、見分けられないように巧みに針を落とすのがキャリア者です。
ビギナーの時にはできなかったテクニックも訓練によって上達します。
エサの大きさ、付け方一つでも釣りの成果は変わってくるのです。
同じエリアでビギナーとベテランが釣ったとしても、ベテランの方がいっぱい釣るのです。
釣りにはビギナーズラックはないのです。
むろん、釣り場の良し悪しはあるのです
誰も釣れない日もあるのです。
釣りのキャリアがキーポイントだと言うことは、それだけ釣りは奥が深いことを意味しているのです。
表面的なことばかりではないのですから、テクニックや道具に気を取られないようにしましょう。
多勢の人が釣りを楽しんでいます。
おもりやウキの動きを微妙にコントロールすることで、魚がかかるかどうかが決まります。
魚のタイプによっても、賢い魚とそうではない魚がいます。
魚と釣り人のアイデア比べになるのです。
一つのやり方で成果が出なければ、方法をチェンジするのもベテランの技です。
エリア、時間、魚の様子に合わせて釣り方をチェンジすることがキーポイントなのですね。
回遊魚やイカは時間帯がキーポイントです。
何も知らずに行っても釣れないのです。
魚がどんな時間に釣り場に現れるかを知っておくことがキーポイントなのですね。
体で覚えるキャリアと、知識を持っていればできることがあるのです

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます