釣りガール - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

釣りガール

釣りは男の人のスポーツと思っていた人は多数かもしれませんが、ちかごろでは女の人にも評判が出てきているのです。
ビギナーの女の人から話しかけられたらどんな釣り人でも懇切丁寧にアドバイスしてあげたくなるのが人情と言うものです。
テレビの釣り番組でも、ビギナーの女性が登場します。
彼女の魅パワーで女の人の釣りが増えたともつぶやかれているのですね。
ところが釣り人の大部分は男の人というわけで、女性が一人だけで釣り場に行くのはちょっとハードルが高いかもしれません。
まずは、釣りのスタンダードを知ることや、楽しみを体感することがキーポイントなのです。
知人や彼氏とあわせて釣りをキャリアしてみましょう。
ビギナーなら男の人も女の人もかかわりないのです。
スペシャルな力仕事ではないのです。
むろん、大物狙いになると数十キロの魚を釣り上げることになるのというわけで、女の人の腕では無茶があるのです
ところがそのような釣りはあらかたないと思っていいのです。
釣り船の中に女性がいるだけで場のムードが和やかになります。
女の人にとっての難点は、エサなどが気持ち悪いと思ってしまうことなのです。
間違いなく、じっくりと見ているとグロテスクなエサが多数ようなのですね。
磯などを這い回る生き物もキュートとは言えません。
釣りガールの中には仕掛けを男の人に任せて、自らは竿を握っているだけと言う女の人もいます。
むろん、それが悪いわけではないのです。
ところが釣りをリアルに楽しみたいならば、一通りのことは自らでできるようになりましょう。
それがリアルな釣りガールと言えるのです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます