釣りの仕掛け - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

釣りの仕掛け

釣りの仕掛けはビギナーが学ばなければならないことの一つです。
仕掛けの中でもハリとハリスの結び方は覚えれば簡単です。
一部のやり方があるのです
外掛け結びはハリスの結び目がハリの外側になるように結ぶやり方です。
しっかりと結んでおくことがキーポイントなのです。
ビギナーでも女の人はとりわけ結び方が緩くなる傾向にあるのです
最初のうちは熟練者にやってもらう方が無難ですね。
狙っている魚の大きさによってハリスのサイズも変わります。
ハリスのサイズに合わせて巻く回数を調整するようにしなければなりません。
ハリスがハリの内側に来るところがポイントです。
それとは逆にハリスがハリの外側に来る結び方が内掛け結びです。
若干巻き付け方が違います。
釣りのビギナー向けの雑誌などで図解されていることがあるのでしょうから、一回読んでおきましょう。
あとは直結8の字結びはハリスの途中に別のハリを付ける時に利用をするやり方です。
ハリスにハリをいっぱい付ける釣りの方法ですね。
そのうえ浮きも取り付けなければなりませんから、浮き止め結びと呼ばれるやり方があるのです
この他にラインの結び方もあるのです。
チワワ結びです。
いずれにしても、しっかりとほどけないように結ぶことがスタンダードです。
道半ばでほどけてしまうと役に立ちません。
スタンダード的なことというわけで、ビギナーでも手っ取り早く覚えてしまうことでしょう。
釣りの楽しみの一つとして仕掛けを作りながら、釣れる時のことをイメージするのがいいと言う人も多数ようなのですねね。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます