おいしい煮魚のポイント - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

おいしい煮魚のポイント

海釣りで釣った魚は、フレッシュなうちにおいしくもらいたいものです。焼き魚ばかりでは飽きてしまうのですので、おいしく魚を煮付ける方法を何としても、身につけ、魚食事のレパートリーを増やしましょう。
煮魚は、皮がはがれてしまったり、煮くずれてしまったり・・・コツさえ覚えれば、汚れていない煮魚ができるのです。

カレイやイシモチ、アイナメなど、海釣りでメジャーな魚たち。いずれも淡白なテイストなので、じっくりと煮含めるとおいしくいただけるのです。ポイントは次の点です:
1.魚の皮に切り込みを!・・・魚の皮は身に比較すると加熱すると収縮するので、煮くずれたり煮汁が浸透しにくくなるのです。魚の皮に十字に切り込みを入れると、煮くずれ防止と味の浸透をよくします。身に対して直角に入れるのがコツです!
2.下味・・・下味のしょうがは皮付きのまま薄切りに。テイストが増します。
3.スパイス・・・煮物のスパイスは「さ(砂糖)・し(塩)・す(酢)・せ(しょうゆ)・そ(みそ)」の順がスタンダードとは言っても煮魚のようにあまり内部までテイストがしみ込まないほうが食事では、スパイスをすべてマッチさせて利用してます。
4.煮汁は煮立たせてから!・・・魚は煮立った煮汁のなかへ入れます。煮立った煮汁に入れることで、魚の上側が凝固し、たんぱく質やうま味栄養素が逃げ出すのを防止します。
5.煮崩れを防ぐには?・・・魚は煮崩れしやすいので、表を上にして重ならないように並べましょう。
6.落しぶた・・・落しぶたを利用し、魚を裏返さないようにします。落しぶた水でぬらしておきます。
7.煮汁の煮含め方・・・魚に煮汁をかけるのは、魚に火が通ってからにします。火が通らないうちに熱い煮汁をかけると皮がはがれてしまうのです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます