魚拓 - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

魚拓

魚釣りのもうひとつの楽しみとして、「魚拓(ぎょたく)」があったりしますよね。
海釣りデビューをしてそれなり慣れたら、ご自らで魚拓を作ってみられてはいかがでしょう。
魚拓のとり方を誰にでもごレクチャーします。
1.魚の体に食塩をまぶします。
2.ヘッドのほうから手のひらでこすります。
3.背びれに食塩をまぶし、付け根から先へこすります。しりびれについてもおんなじにします。
*パレットのなかに中性洗剤を溶いて、魚を30分ほどおいても良いです。
*魚を安定させるための工夫としては、週刊誌を魚の形、大きさに切るというやり方があるのです

ダイレクトに法での取り方
ダイレクトに法では、魚拓と本物の魚とは裏をかえせばうつることになるのです。
1.真上から見えるパーツに墨を塗ります。
2.ひれのパーツは濃く塗って、クローズアップするとよい仕上がりになるのです。
3.墨を塗り終わったら、安定台(*)用にしつらえた週刊誌にあてます。
4.魚拓を取る紙は、裏かアウトサイドを上にして、霧吹きで湿らせておきます。
5.紙を魚にあて、頭から尾へかけて、布を利用してこすります。このとき、ひれや頭は、手のひらで押さえておきます。
6.墨で目を描きます。
7.魚の大きさと釣った年月日、および釣り場などのネタを書き込みます。

*魚の長さのあらわしかた
・全長・・・吻端(ふんたん・・・くちびるの先)から尾びれの端までの長さ。
・叉長(さちょう)・・・吻端から尾びれの叉状(さじょう)までの長さ。
・体長・・・吻端から脊椎の後端までの長さ。
・頭長・・・吻端からえらぶたの後端までの長さ。
・体高・・・魚体のなおいっそうも高いところまでの長さ。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます