イチモチ釣り - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

イチモチ釣り

イチモチは、ずんぐりとしたからだつきで、白い銀色をしているのです。うろこがはがれやすく、三角形の尾びれをしているのです。

関東では「イチモチ」と呼ばれますが、中部から関西にかけては「グチ」という名前で知られています。そのうえ四国の松山では「ニベ」と呼ばれることもあるのですイチモチは、ニベ科ではあるのとは言ってもニベとは違い、ニベよりも小さめで、からだのカラーも少し違ってしまうのです。
イチモチも、ニベも釣り上げてから「グウグウ」と騒ぎ、音を立てます。

イチモチは、でかいからだをしているわりには、とても臆病で、あまり泳ぎが得意な魚ではないことから、昼間は砂やどろが混じっている深い海にじっとしているのです。浅いところにあがってくるのは、夜か、海がにごっているときです。夜になると、群れをつくってシーサイド近くにえさを食べにきます。そのうえ日中でも、海がにごっているときには、小さな群れでアクションします。

イチモチは、寒いのが嫌いな魚で、サマーシーズンの魚といえるでしょうが、エリアによっては年中釣れます。5〜6月の春の海と、10~11月の秋の海が、イチモチにとってはエネルギッシュなシーズンのようなのですね。このシーズンの海釣りでは、何としても、狙ってみてはどうなのでしょうか。
6~7月の梅雨時には、子持ちの、「美形(形の良いもの)」が釣れます。このシーズンは数も多く狙える、旬といえるのです。
暑過ぎるシーズンも好きではないなのか、8月はお休みです。
9月になるとそのうえ数が出始めます。イチモチ釣りは、ひそかな凪の日がよく、台風などで海が荒れているときはお休みです。
台風のシーズンが過ぎ、11月ごろまでは、大型のものを狙えます。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます