アイナメの磯釣りのアイテムとしかけ - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

アイナメの磯釣りのアイテムとしかけ

北日本の海釣りでは、春と秋からアイナメの磯からの投げ釣りが旬を迎えます。

アイナメの磯釣り
●アイテム
波の荒い、磯でのアイナメ釣りでは、体長が40〜50センチというでかいアイナメを狙うことができるのです。そのとき、サオは、4.5メートルくらいの投げザオをもちいます。とりわけ、ポイントが近いときには、磯ザオの軽いものでもよいでしょう。
リールは、スプリング・ロールの大型のものを用います。大物狙いのときには、力もあって、太いミチイト(*)を巻いたり出したりするのに適した、磯釣り用の両軸受けリールを利用することが多数です。
*「ミチイト」・・・「道糸」。リールに巻く糸です。「リールイト」とも呼ばれます。

●しかけ
アイナメの磯釣りのとき、しかけが根などにひっかかること(根がかり)が多数ので、しかけがいっぱい欠かせないこととなるのです。
・ミチイト・・6〜8号といった太いものを用います。
・しかけは「胴づき型」(オモリがいちばん下で、エダス(*)のいっぱいついたしかけの型)にして、根がかりしたときにオモリが取れるようにします。
*エダス・・・「枝素」。エダハリス。投げしかけ、胴づきしかけなどに、わりとのハリをつけるときに、ミキとなるイトに結ぶハリスのことです。
・ミキイト・・・ミチイトよりも細いもの、ステイトよりも太いものがよく、磯釣りのときは、5号ぐらいが適当でしょう。
・ハリス・・・3号か4号。15〜20センチにして、ミキイトに松葉テンビンを利用してつけます。(ダイレクトに結んでもかまいません)
・ハリ・・・13〜15号。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます