防波堤でのアイナメ釣り - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

防波堤でのアイナメ釣り

潮の流れるようすを「潮通し」といいます。アイナメは、潮の流れがよいところ、いわゆる「潮通しがよい」、体をカバーすることのできる岩場や防波堤のまわりなどに、好んで住みます。
海釣りのなかでも、とりわけ投げ釣りで狙うには、根がかり(*)が多数のがやっかいなところです。
*「根がかり」・・・しかけが根などにひっかかること。

防波堤でのアイナメ釣り
サオ・・・防波堤で釣るとき、ポイントはサオの下になるのですので、あまり長いサオは必要ないのです。適切、アイナメの投げ釣りでは、3.8〜4.5メートルの投げザオを用いますが、防波堤でのときは、2.7〜3.3ぐらいの投げざおにします。

しかけ・・・しかけは、釣り場のケースによって変えます。適切、投げつりしかけを用いますが、壁際を釣るときには、ミャクづりしかけがよいときがあるのです
・ミチイトは、適切、3〜5号です。
・防波堤近くの根まわり(*)を釣るときに、根と砂底のさかいが見えるようなときには、テンビンしかけを用います。そのうえかけあがり(*)を狙うときにもテンビンしかけがよいでしょう。
*「根まわり」・・・岩場のすそまわり。岩場と砂底のきわをいいます。魚がよく集まるエリアです。
*「かけあがり」・・・海底が岸へ向かって坂のようにあがっていくところで、投げ釣りの狙い場です。
・潮の流れがゆるやかなときや、波がひそかな浅いところでは、ハリスを2号、15〜20センチくらいにしたプラクリしかけを用います。プラクリしかけは、足場が高く、ポイントが近いときに用いるものです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます