内海でのアイナメ釣り - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

内海でのアイナメ釣り

海釣りには、魚によって釣りシーズンがあるのです
北日本では春から秋にかけて、そのうえ関東から西の暖かいシーサイドでは晩秋から春までが、アイナメ釣りの旬となるのです。
アイナメは、北の比較的水温の低いところに住み、潮通しが良い、岩場や防波堤の周りなど、からだをカバーすることのできるエリアでじっとえさを待っている魚です。アイナメの投げ釣りについては、波のひそかなところのとき、波の荒いところで釣るとき、および防波堤で釣るとき、とちょっとは、アイテムをチョイスするとよいです。

内海、湾内でのアイナメ釣り
アイナメは、北日本では外洋に面した岩場でつれますが、南日本では、川からの水が流れ込む河口付近や、でかい湾内など、比較的塩分がちょっとしかないところで釣ります。
内海や湾の波のひそかなところでアイナメを投げ釣りするときには、サオは、3.8〜4.2メートルくらいの長さのものが適当です。キスを釣るときに使われるような硬いサオではなく、少し柔らかめのサオが推薦です。サオが硬いと、アイナメがえさを食いこまなくなってしまうのです。
アイナメの投げ釣りでは、ポイントも近く、魚の食いこみも思いめぐらせてると、サオに書いてあるメーカーのオモリ負荷が、20号前後の投げザオが良いとされます。
リールは、まずは、スプリング・リールのあまり重くないもの(中型以上)からはじめ、利用して慣れたら、大型の速いリールを利用するようにするとよいでしょう。

そのほか・・・アイナメは、そういったにつれる魚ではないのですから、置きザオにするとよいでしょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます