アイナメの習性 - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

アイナメの習性

「アブラメ」「アブラゴ」「ネウ」「モズ」・・・これらはいずれもあるメジャーな魚のエリアでの呼び名です。その魚とは?
関東で「アイナメ」と呼ばれる魚です。「アブラメ」は関西での呼び名、「アブラゴ」は北海道、「ネウ」は東北、斯くして「モズ」は山陰での呼び方です。

アイナメは、北日本では、春から秋にかけて海釣りで狙われる魚です。夏は船釣りがさかんで、春と秋には磯からの投げ釣りがさかんになるのです。北日本では、外洋に面した岩場でよく釣れます。一方、南日本では河口付近など、川から水が流れ込むところや、塩分のちょっとしかないでかい湾内で、ウインターシーズンに狙われる魚です。
アイナメは、水温に近い北日本に多く住む魚です。シーサイドに近い岩場や海草がしげっているところに好んで住み、あまり移動せずに、えさが自らの近くにきたときにすばやく飛びついて食べる習性をもちます。ですので北海道では、根のまわりに住む魚ということで「ネウ(根魚)」と呼ばれるのです。
岩場や防波堤のまわりなど、体をカバーすることのできるところでじっとしている魚です。

煮魚にするとおいしい「アイナメ」は、ホッケの仲間です。姿も似ているように、アイナメもホッケおんなじ、北国の魚です。うろこが小さく、頭も目も小ぶりです。トータル的に体がぬるぬるとしたイメージです。色は、住むところによって変わり(プロテクト色)、普通はかっ色をしているのです。音に敏感な魚で、これは耳のはたらきをする5本の側線(そくせん)をもっているからなのです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます