潮 - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

海釣りをするときには、ちょっとはなりとも海のことを知っている欠かせないことがあるのです「黒潮」や「親潮」の流れについてはむろんのこと、潮のあげ、さげ、といった流れについての見聞がないことには、満足な成果を予想することはできないのです。
シーサイドでの投げ釣りでは、潮のあげ、さげがインパクトすることが多く、ふつう、あげ潮のときに、魚は岸に近づき、さげ潮のときには逆に岸から離れてしまうからです。そのうえ潮が動いているときに、魚はよくえさに食いつくともいわれます。

とはいえ・・・「大潮(おおしお)」「小潮(こしお)」そのうえその前後の「中潮(なかしお)」、「あげ潮」「さげ潮」・・・など、釣りキーワードには、わたしたちがいつもあまり耳にしないフレーズがいっぱいあるのです

一部のスタンダード的な海のキーワードについてレクチャーしましょう:

●赤潮(あかしお)・・・プランクトンが急にプラスされてしまい、それらが死ぬために、死がいで海が赤くなることをいいます。こうなってしまうと、魚や貝までが死ぬこともあり、もはや釣りどころではなくなってしまうのです。

●上げ潮・下げ潮・・・潮がいちばんひいた様子からだんだんとプラスされてしまいくることを「上げ」または「上げ潮」といいます。裏をかえせば言うと引き潮のことを「下げ潮」といいます。

●「大潮(おおしお)」・・・満潮と干潮の潮のいちばん動きが大きい潮のことで、投げ釣りにベストといわれます。大潮のときには、湾の置くなどでよくつれるといいます。そのうえ大潮の前後の「中潮(なかしお)」のときに、なおいっそうも良くつれるというのは、海釣りの常識です。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます