ベラ釣り - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

ベラ釣り

ベラは、各国中の暖かい海に生息する魚で、日本近海では、東北から本州南部の岸近くにいます。とりわけ瀬戸内海に多く、関西では食用で評判の魚です。ハイグレード魚として扱われることもあるくらいです。ところが関東では「餌取り」、または「外道」とさえ呼ばれ、釣ったその場で捨てられることさえある、というように、扱いに差がある魚です。身はやわらかく、刺身や煮つけにしてもおいしいとは言ってもから揚げにしたり、南蛮漬けにするとよりその旨さがいきます。

ベラには多種多様なタイプがおり、海釣りで親しまれているのは、キョウセンベラです。初夏から秋にかけて、投げ釣りでよく狙います。

釣り具は、シロギス釣りと同じようなサオやリール、しかけを利用してます。口の小さな魚のため、えさは小さくして、オモリを引きずりぎみにさぐり、小さなアタリでも見逃さないように合わせるのが、ベラ釣りのコツです。
えさは「イソメ」にし、食いのよいときにはタラシを1センチぐらいに小さくします。食いの悪いときには、2~3センチくらいにタラシをつけるようにします。

投げ釣りでよく釣れるキョウセンベラは、夜、砂にもぐって眠ることが知られています。なかには、冬眠をするタイプもいます。ベラの大部分は、鮮やかな色をしており、オスとメスでからだの色が違ってしまうのです。アオベラといわれるのが、オス、アカベラは、メスです。とはいえ、成長にともなって性転換をおこなうタイプもいます。体表は、ぬるぬるとしているのです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます