リスクな魚 - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

リスクな魚

海には、わたしたちがお目にかかったこともない生き物がいっぱいいます。海釣りでは、間違いなくしも狙った獲物・・・魚に限らず、なんであれ!・・・がかかるとは、限らないのです。

噛み付く魚、毒をもっている魚がいます。
スズキのようにわたしがよく知っているメジャーな魚でも、エラがかみそりのように薄いため、うっかり素手でつかむと手を切ることがあるのです
煮魚でメジャーなムツも、口に注意しなかればならない魚のひとつなのです。
そのほか、焼き魚でメジャーなカマスもおんなじ。ウツボやウミヘビは言うまでもないのです。

アイゴや、オコゼ、ミノカサゴ、ゴンズイなどは、毒をもっているのです。ヒレのかたいハリに毒があり、されると、わりと痛みがひかずやっかいです。

投げ釣りでよく釣れる魚に、アカエイがいますが、この魚も尾にでかいドゲがあり、毒をもっているので要注意です。

海釣りでの鉄則は・・・「見慣れない魚には手を触れない!」。

もし思わず「?」と首をかしげてしまうような、魚が釣れてしまったら、しかけと惜しむのではなく(しかけはまたつけかえればいい!)、ハリスをハサミで切りましょう。

興味津々?持ち帰って、なんと言う魚か調べたい!ということもあったりしますよね。そのようなときには、手袋をし、いっそうタオルなど厚手の布などでしっかりと押さえてしかるべきコンテナに入れて持ち帰ります。

そのうえ死んでしまったときもそのへんの砂浜のほかっておくのはやめてください。何も知らずに子どもが触ってさされたり、怪我をすることがあるのです海に捨てるか、砂浜に穴を掘って埋めてください。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます