カマス釣り - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

カマス釣り

口が大きな、するどい歯が自慢のカマス。ほっそりとしたからだつきで、とんがった口先、ちょっぴり受け口のカマスは、関東から南の岩と砂のある、水深25メートル以内の浅い海にいる魚です。適切、船づりで釣る魚とは言っても投げ釣りでも狙うことができるのです。ミチイトをぴーんと張って、グググっとサオをたて、リールを巻いてはサオを出す・・・わりと緊張感のある、投げ釣りが楽しめる魚です。

サマーシーズンになると、15センチから20センチくらいの大きさになり、群れで岸近くを泳ぎまわります。イワシなどのほかの魚を追って食べます。

釣りのポイントは、沖に出た防波堤や、高磯などの潮通しの良いところ(潮が良く流れているところを「潮通しが良い」といいます)です。群れの動きを見
ながらの海釣りは、わりと乙です。早朝と夕方の「マズメどき」(夜明けごろと、日が暮れることをマズメといいます。朝マズメ、夕マズメといい、いちばんの釣り時です)が、カマス釣りの勝負ときといえるでしょう。

釣り方は、投げ釣りのとき、3.6メートル以上の投げザオに、中型以上の力のあるスピニング・リールを利用してます。釣り方はいたって簡単で、群れの動きを見極め、群れの沖めにしかけを投げます。オモリを底につけないようにさおでギジしかけをサビキながら引いていきます。

カマスの肉は、白身でたんぱくです。フレッシュなまま刺身にするには、少々、水っぽいため、干物か、塩焼き、あるいはから揚げにするとおいしく召し上がれます。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます