春からサマーシーズンの海釣り - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

春からサマーシーズンの海釣り

魚には「旬」があるのです海釣りで狙うような、シーサイドでつれる魚には、多種多様な習性があり、シーズンに応じて釣れる魚も違ってきます。
そのうえ同じシーズンであっても、日本のように南北に細長い国では、エリアによって釣れる魚も当たり前のこと、違ってきます。

春からサマーシーズンにかけては、海釣りのハイシーズンとなるのです。とりわけ投げ釣りでは狙える魚のタイプもぐんぐんプラスされてしまいきて、海に出かけるのがハッピーになるシーズンです。


北の海はまだ水温が低く、冬です。
関東では、まだ冬の魚が釣れます。北日本では「アイナメ」や「カレイ」が釣れます。南のほうから徐々に「シロギス」が連れ出し、釣りもいよいよ春らしくなってきます。
黒潮が南のほうから岸に近づいてきて、水温が徐々に上がり始めます。すると海の魚たちの動きもエネルギッシュになり、釣りがハッピーになるのです。
けれどもまだ春の海は水温が不安定なので、南の釣り場へ行くことを推薦します。


海釣り、とりわけ投げ釣りに、なおいっそうも適したシーズンです。初夏は、シロギスが狙い目です。「イチモチ」も梅雨ごろから本格的につれスタートするので楽しみです。そのうえ夏休みに入るころからは、川の水が混じるようなところで、「ハゼ」や「スズキ」などが狙えます。けれども夏休みは、南の砂浜は、海水浴でにぎやかくなり、釣にはちょっと困りものです。水も暖かすぎます。むしろ、日本海側のほうが、水温もちょうどよくなり、釣りに適しているのです。
日本海の沿岸では、「クロダイ」など、多種多様な魚が釣れるようになるのです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます