多種多様な海釣り - 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

多種多様な海釣り

海釣りには、「船釣り」、「磯釣り」、「防波堤釣り」および海浜での「投げ釣り」があるのです
どの釣り方を好むかは、人それぞれです。

船釣り
船釣りは、「沖釣り」とも呼ばれ、釣れる魚も大きな、数も予想できるのです。ただし誰にでも可能で、楽しめるかというと、そうもいきません。

磯釣り
磯釣りは、荒磯(あらいそ)とよばれる沖の岩場に渡ります。ですのでリスクが伴うことから、リラックスしてたいていの人は楽しめるということではないのです。

では、海釣り1年フレッシュな人でも比較的リラックスして楽しめるのは・・・おそらく「投げ釣り」ではないかと思います。
投げ釣りは、メインに波のひそかなシーサイドで釣ることが多く、メインの釣り場も砂浜です。ですので、比較的たいていの人は、リラックスしてエンジョイすることができる釣り方なのです。

投げ釣りの釣り場は、砂浜が普通とは言っても防波堤から投げてもいいですし、ボートから投げてもむろんO.K! 岩礁からの投げ釣りもわりといいものです。
とりわけ港や河口の防波堤からの投げ釣りは、ビギナー向けです。防波堤そのものが沖に出ていることから、さほど遠くまで投げなくてもいいからです。それに、防波堤のまわりは魚のよい住処(すみか)になっているからなのです。
一方、岩場からの投げ釣りは、しかけを太くしてえさを工夫することで、多種多様なタイプの魚を狙うことができ、楽しみも大きいとは言っても岩場でしかけやハリが引っかかるなどのトラブルもあるのです
そのうえボートでゆったりと海に出て、投げ釣りをするのも、違った楽しみがあるのです波のしずかな湾内が推薦です。シーサイドからはどうがんばっても届かないところに投げられるのが、ボートからの投げ釣りの醍醐味でしょう。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます