釣り方マニュアル釣り初心者上達方法

管理釣り場初心者でも釣れる2桁スプーンテクニック

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ釣りアングラー養成講座

ルアー釣り名手、山本典史のシーバス必釣法

チヌ釣り名人、山崎庄一のチヌ(黒鯛)フカセ釣り必釣法

釣り堀名人、坂口昇の海上釣堀必釣法

カマス釣り

口が大きな、するどい歯が自慢のカマス。ほっそりとしたからだつきで、とんがった口先、ちょっぴり受け口のカマスは、関東から南の岩と砂のある、水深25メートル以内の浅い海にいる魚です。適切、船づりで釣る魚とは言っても投げ釣りでも狙うことができるのです。ミチイトをぴーんと張って、グググっとサオをたて、リールを巻いてはサオを出す・・・わりと緊張感のある、投げ釣りが楽しめる魚です。

サマーシーズンになると、15センチから20センチくらいの大きさになり、群れで岸近くを泳ぎまわります。イワシなどのほかの魚を追って食べます。

釣りのポイントは、沖に出た防波堤や、高磯などの潮通しの良いところ(潮が良く流れているところを「潮通しが良い」といいます)です。群れの動きを見
ながらの海釣りは、わりと乙です。早朝と夕方の「マズメどき」(夜明けごろと、日が暮れることをマズメといいます。朝マズメ、夕マズメといい、いちばんの釣り時です)が、カマス釣りの勝負ときといえるでしょう。

釣り方は、投げ釣りのとき、3.6メートル以上の投げザオに、中型以上の力のあるスピニング・リールを利用してます。釣り方はいたって簡単で、群れの動きを見極め、群れの沖めにしかけを投げます。オモリを底につけないようにさおでギジしかけをサビキながら引いていきます。

カマスの肉は、白身でたんぱくです。フレッシュなまま刺身にするには、少々、水っぽいため、干物か、塩焼き、あるいはから揚げにするとおいしく召し上がれます。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣り場とポイント

海釣りのひとつ、投げ釣りのとき、ふつう、砂浜から投げてつりますが、むろん、砂浜に限らず、防波堤や岩礁、あるいはボートから投げて釣ることもできるのです。
それぞれの釣り場とポイント、およびねらい目の魚をあげてみましょう。

砂浜のポイント
砂浜ひとつをかなり、どんな砂浜をチョイスして釣るかで、狙える魚も変わってきます。
普通に、水が澄んでいて、砂浜の砂も白く、汚れていないところには、きれい好きな魚・・・シロギス・・・がいます。とりわけねらい目は、海底が少し小高くなっているようなところや、砂利があるような周りでよくつれます。
イチモチや、カレイ、ヒラメなども狙えるでしょう。カレイやハゼなど、海底を好んで住処とする魚は、船道の「カケアガリ」をメインとして、潮のあげ、下げに応じながら、移動する習性をもちます。これらの習性をマスターして、釣る側も狙いをつけるとよいでしょう。
裏をかえせば言うと水がにごっていて、砂が黒いようなところ・・・たとえば、湾内など・・・にも、そのようなエリアを好む魚がいます。クロダイやスズキなどは、えさのたっぷりな防波堤の周りや河口付近でつれます。

投げ釣りは、潮通しのよい外浜でも楽しめるのですよ。スズキ、ヒラメ、シロギスを狙います。湾内の砂浜では、クロダイ、アイナメ、カレイ、ハゼが釣れます。
海水のはいる川では、スズキやハゼを狙ってはいかがでしょう。

ひそかな砂浜では、シロギスなど、実にリラックスしてエンジョイすることができるのですので、海釣りビギナーの、つりデビューにはもってこいです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

えさ環虫類

人間にも好き嫌いがあるように、魚にも、好みのえさがあるのです海釣りのなかでもとりわけ投げ釣りに関しては、狙った魚によって、また釣り場によってえさを変えます。

よく用いられるえさは、ゴカイやイソメなどの環虫(かんちゅう)類や、えび、かになどの甲殻類(こうかくるい)、そのほかサンマなどを小さく切ってえさに利用することもあるのです

環虫類(かんちゅうるい)・・・干潮のときに底の出るような砂地、あるいは砂と泥のまじったところに生息するえさとなる虫です。やわらかな岩のなかにいる「イワイソメ」などもいます。釣りになれていない人、とりわけ女の人にとっては、少々抵抗があるかもしれないですよね。でも、プランクトンを食べているので、考えようによっては・・・予想外にきれい?なのです!

●イソメの仲間
イワイソメ
磯釣りや投げつりのなかでもでかい魚を狙うときには、良いえさとなるのです。磯の岩にすんでいるでかいイソメです。
スナイソメは、キスの好みのえさです。10センチから30センチとわりと長いです。
フクロイソメは、別名「スゴカイ」と呼ばれます。巣に入っているイソメで、クロダイなどのえさになるのです。

●ゴカイ
ハゼつりに適するえさです。キスやカレイも好んで食べます。泥のなかにいて、やわらかい虫なので、投げ釣りで遠くに投げるには少々不向きです。

●イソゴカイ
正式にはイソゴカイとは言ってもジャリメと呼ばれることもあるのですゴカイを細めにして、硬くしたような感じといったらいいでしょうか。5センチから8センチくらいです。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 釣り方マニュアル釣り初心者上達方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます